猫とMacの日々

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
26
 
今年の冬はものすごく寒いですねぇ。身も心も猫と同化している私みーけは毎日コタツで丸くなっていたいです。
そんな時に寒さに打ち勝つ気力と活力を身体全身に充填してくれるのが日本が生んだ素朴な飲み物「甘酒」です。
今年の元日にApple Store名古屋栄で並んでいる方々にお配りした私の特製甘酒が好評を博しまして、CamCamさんを筆頭にいまだに多くの方々から「レシピ教えてください」とご連絡が絶えません。
そこでもっと寒さが厳しくなった本日、ご家庭で消費できる適量の特製甘酒を作ってみました。そのレシピを大公開です。

amazake1.png

松竹梅の酒粕(おから状タイプ)100g
イチビキ特濃あま酒(米麹甘酒の元)380g(1パック)
メグミルクおなかにやさしく(牛乳)400cc
水 800cc
グラニュー糖 適量
塩 少々

amazake2.png

まず酒粕を100g 鍋に細かくちぎって入れたあと、少量の水をかけて1時間ほど寝かせて柔らかくします。板状酒粕だと柔らかくするまで一昼夜かかることもあるのでおから状の酒粕をおすすめします。

amazake3.png

柔らかくなった酒粕を木べらで練り込みます。ミキサーとか使うと酒粕のエグ味が出ることがあるので木べらでしっかり練ってください。

amazake4.png

酒粕がペースト状になったら米麹甘酒の素を加えさらに練ります。米麹甘酒のつぶつぶ感を消すためです。甘酒は酒粕を溶いたモノと米麹を糖化させたモノの二種類がありますがどちらも短所がありまして酒粕は粉っぽさ感が、米麹はつぶつぶ感が喉越しを悪くさせてしまいます。そこで二種類の原料をミックスさせて短所を消してしまうのです。

amazake5.png

いいあんばいになってきました。

amazake6.png

練りながらゆっくり水800ccを加えていきます。水を満了加えたら弱火から中火で加熱します。ここで注意すべき点はかき混ぜながら火にかけることです。甘酒は粘度がかなり高いので鍋底で発生した水蒸気の泡が鍋の中央で結合し最後に巨大な泡となって水面で破裂することがあるんです。1mくらい熱い飛沫が飛びますので鍋底の水蒸気を追い出す意味で必ずかき混ぜながら加熱してください。
グラニュー糖と塩はここで投入します。甘味はこの時点で決めてください。なお上白糖は甘酒にはくどすぎ気品が出ません。

amazake7.png

沸騰する直前にメグミルクおなかにやさしく(牛乳)を400cc加えます。さらにかき混ぜながら加熱して沸騰する直前で完成です。
メグミルクおなかにやさしくは乳糖を分解した牛乳で乳臭さがなくほんのり甘さがあります。その甘さが甘酒に気品を与えてくれます。

amazake8.png

完成!おいしいよ~♪ しょうがとか入れてほっかほかになってください。
酒粕によるお酒の風味、米麹甘酒の自然な風味、メグミルクおなかにやさしくの気品高い甘み。このトリプル効果でもう一度作りたくなりますよ!
この甘酒でこれからが勝負の受験生のお夜食や暖房の温度を下げる節電などに活用していただければそんな嬉しいことはありません。

amazake9.png

余った牛乳は調理中いたずらしなかったご褒美として猫ちゃんにプレゼント(^^)
スポンサーサイト
RSSリーダーで読んでね
 
09
 
料理番組といえば金子信雄さんや結城貢さんなどのある意味野暮ったい男性が作るのを見るのが好きなんだけど金子さんは天国に行っちゃったし結城さんはドリーム・プレス社終わっちゃったらテレビでご無沙汰になっちゃったなぁ。あ~さみしい。

最近は世も末のようなご時世になっちゃったんで自衛のために自炊をよくやるんですがそんな時に大変参考になるのが時代を超えてNHKの「きょうの料理」だったりします。
「きょうの料理」は食材も普通にスーパーで売ってるものをちゃんと使いますし毎月4週目には安く上がる肉料理をやってくれるんで庶民中の庶民の私にはとってもうれしかったりします。

そんな「きょうの料理」の中で手軽に作れて栄養価もあって見た目も素晴らしいのを作ってくれる先生のひとりが料理研究家の小田真規子さんなんです。
「ブログとかされていないかな?」と検索してみたら彼女が作ってるレシピ集「kusudama」を発見しました。

kusudama.png


この「kusudama」がすごいんです! さすが2009年のグッドデザイン賞を受賞されているだけのことはあります。
フラッシュで構成されたサイトで写真もとってもうまそうに映ってるんです。
また食材も奇をてらわず普通のスーパーでお安く買えるものばかりです。
「たまには新しい料理に挑戦してみようかなぁ?」と思ってる若奥さんには特におすすめです。
見てるだけでよだれがよだれが。。。

○関連リンク

kusudama

studio nuts + 小田真規子

くらしのパートナー:きょうの料理

RSSリーダーで読んでね
 
23
 

あ?至極の贅沢。。。

1袋128円の贅沢です。。。

○関連エントリー
でかカール でっかいぞ?

 
15
 

私みーけのボロアパート猫屋敷から野暮用で自転車乗って出かけた道すがら、なにやら甘い香りが鼻をくすぐります。
くんくんくんと自転車止めてじっくり臭いを嗅ぐと懐かしい香りなんです。
どこからこの甘い香りがするのか辺りを見回してみると
目の前に飛び込んできたものは!

名古屋市某所にある赤福名古屋営業所でした。
甘い香りはアンコを作っている香りだったんですね。

私みーけは伊勢で生まれ伊勢で育ちましたがなんと幼い頃赤福が嫌いでした。
それには深い訳があります。
祖母と叔母が赤福に勤めていたんです。
その頃は急速冷凍庫も無い時代でしたのでまきかえとか剥き餡とかある訳無く毎日のように製造過程で失敗した赤福を重箱に入れてもらってきたんです。
そりゃもう今日も食え、明日も食えと毎日毎日食わされまして。。。
まんじゅう恐い状態になってしまったわけです。
それで社会人になって帰省した後の職場への手土産も赤福は避けていたんです。
しかし先輩のたっての頼みもあって赤福を持って行ったらみんながみんな「うまいうまい」って言うんですよ。
あの嫌いな赤福がうまい?
不思議な気持ちになりちょっと食べてみるとそのおいしいことおいしいこと。
それ以来、無性に食べたくなる日があってそんな時はは名古屋駅地下街で3個入りパックを買ってひとり満足してました。
それなのにあの悲しい事件。。。
ずっとずっと再開を今か今かと待ち望んでおりました。

*今年元旦の寂しいお店(まこりん撮影)

ようやっとこの2月赤福が営業再開しました。
これでまたあのおいしい赤福がいつでも食べられるかと思うと嬉しくてなりません。
赤福という名前は「赤ん坊のような嘘偽りのないまごころを持って自分や他人の幸せを喜ぶ」という意味の「赤心慶福(せきしんけいふく)」に由来します。
今は亡き祖母から良く聞かされた言葉です。「みなさんのおかげやで」と。
この言葉を噛みしめ日本一のお土産赤福を作り続けて欲しいと願ってます。

また味わいのあるCM見たいですなぁ。。。

株式会社 赤福 Official Web Site

 
24
 

友人のhoukouさんが北海道旅行に行かれまして定番のお土産をいただきました。

昨年いろいろあったんでお店に並ぶと売り切れちゃうそうなんですが売店開店時刻に並んで買ってこられたそうで、ホントありがとうございます。猫と私みーけで堪能しております。
昨年なんだかんだあった「白い恋人」ですがやっぱおいしいですねぇ。。。

サクサクと歯触り良いクッキーはラング・ド・シャというクッキーなんですね。今まで知りませんでした。
10年に一度もらえるかもらえないかくらいの高級缶入りクッキーに入ってるやつですわ。w
ラング・ド・シャはフランス語で「猫の舌」という意味だそうでザラザラ感の手触りが猫の舌と思えばそう思えます。卵白たっぷり使うので軽くてサクサクなんですねぇ。

食ってるうちに白いトレイに猫のレリーフがあるのに気がつきました。
製造元の石屋製菓のシンボルマークだったんですなぁ。

包装紙をよくよく見たら社名に猫マークありました。
石屋製菓が猫マーク使っていたとは!
ますます白い恋人が気に入っちゃいました。
houkouさん?また頼むねぇ。えへへ

そうそうhoukouさんのブログ『きままに旅日記&Mac』で北海道旅行回想記が読めます。
みなさんよかったら行ってあげてね?。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10 | 2017年11月 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Apple Amazing LINKS

URLのABC順です

Apple Marvelous LINKS

URLのABC順です

以下ブログ休止中

Fantastic Cats LINKS

素材スペシャルリンク

とんとん工房の復活を願うひとりです。

猫屋敷連合(猫軍団)

AppleBlog百人百録2013

Apple系リンクブックです。 画像クリックでダウンロードページに飛びます。

私の渾身の作品をどうぞご覧ください。

ブロとも申請フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

FC2カウンター

feedburner

ブログ内検索

Ukphoto

伊勢志摩を本拠地に全国を奔走するドローンカメラマン中西学さんのページ。来る2月13日よりソニーストア名古屋にて写真展を開催します!

Jazz Vocalist 佳川夏己

3オクターブの音域を駆使し浸透性ある歌声で清楚も妖艶も演じこなすジャズボーカリストです。ジャズ好きなら彼女のステージを一度ご覧ください。1st CD 『PEONY』絶賛発売中。

iMug -伊勢志摩UserGroup-

ブログ「林囓mac」のMetalさん主催で開催される伊勢志摩地方のApple User Groupです。定例会を月一でされていますのでお近くならぜひご参加くださいね。

伊勢ゲストハウス風見荘

伊勢市駅から僅か徒歩2分。築80年の歴史ある旅館をボランティアで半年かけて大改造。全世界からお客様が泊まりに来るアットホームな伊勢のゲストハウスです。

おすすめのパソコン教室

アイテスプラスは名古屋市南区のパソコンスクールです。なんとスマホ、iPhone、iPadクラスもあるんです!優しい先生が手取り足取りお教えくださいますよ。

伊勢・河崎 モナリザ Cafe

モナリザは伊勢河崎に築150年の砂糖蔵を改装した喫茶店です。 伊勢路の新銘菓として名高い「サトナカクッキー」もおみやげにどうぞ。

おすすめのレストラン

伊勢志摩は鳥羽に花咲く桃源郷 イタリアンレストラン Cuccagna(クッカーニャ) あなたの素敵な時間のためにあるお店です

おすすめの博物館

Appleファンの琴線に響く博物館。その名も「Steve Jobs museum」 トブiPhoneのトブさんが全身全霊を傾けて建設中です!

twitter & tumblr

Follow Me


Like Box

つぶやき

BlogPeople





チーズスイートホーム

ランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 猫ブログへ blogram投票ボタン

スポンサー

収益金は全て恵まれない猫のために使います。


みーけのおすすめ

プロフィール

みーけ

  • Author:みーけ
  • 無類の猫好きの私みーけがアップル系のお話を軸に自由に書き散らすブログです。
    貴重な情報は他で得て息抜きにお越しください。

    可愛い猫のトップ画像は「とんとん工房」のTOM様よりお借りしています。

    「猫とMacの日々」は2004年6月15日に開始しました。
    2005年11月30日までの記事はDoblogから移管しました。
    Broachで掲載した2005年12月1より2009年4月25日までの記事は湘南画材研究所の朝之丞さんのご好意により移管できました。
    ここに深く感謝いたします。

カンタン!ブログお引越しサービス

ブログのお引越しは『カンタン!ブログお引越しサービス』をおすすめします。

画像はPicasaにまとめてアップロードした後に画像リンク変更したMovable Type形式データを作成してくださいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。