猫とMacの日々

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
25
 
[遠雷庵日記「あなたなら、どう考える…?」にTB]

中国新聞より
輸入再開を事実上容認 12月にも北米産牛肉解禁へ

冗談じゃないですよ。
20ヶ月齢以下の牛をノー検査で日本に輸入。
20ヶ月齢の判断は知識と経験だそうで科学的な検査も戸籍統計調査も無し。
さらには危険部位除去の検査調査もアメリカ任せ。
こんなので輸入再開OKですか?
以前から米国産の食牛について愚痴っぽく語っているみーけですが
政府は11月中旬にブッシュ来日の手土産に輸入再開させるようです。


結論ありきの政府食品安全委員会だな!
日本国民の安全よりブッシュの顔色がそんなに大切なんですね。
特上特別の国産和牛だけを鱈腹食えるだろう政治家、役人、大学教授は幸せですね。
再開強行なら悲しいけど庶民の味方吉野家にも行かない。
庶民は米国産牛肉のボイコットするしかないですね。
ブッシュのあの品のない笑い声が聞こえてきそうです。

*写真はモー食えないと満腹なラッキー


AUTHOR: ろにあ EMAIL: ronia@anet.nejp DATE: 10/25/2005 10:55:38 アメリカ側は、20ヶ月齢以下→30ヶ月齢以下に緩和させようと目論んでるそうですよ。モー何をかいわんや、ですよね。ブッシュと仲の良い大手畜産業が圧力かけてるから、いずれなし崩し的に条件緩和の方向にいっちゃいそうな気がします(´・ω・`)
関連記事
スポンサーサイト


Comment

2005.10.26 Wed 00:29  |  

[ろにあ]さんコメントありがとうございます。
30ヶ月齢以下というと 殆どの食牛が30ヶ月齢以下で食用にされているわけですから、「検査なんてしねーよ。おまえら、黙って食え!」って事になりますねぇ。テキサスの馬鹿坊ちゃんにヨイショしておけば、経費かからず日本に大量出荷可能ですから大手畜産業者も高笑いってところですね。米国産牛肉問題で一番怒れるところは日本政府が消費者の代弁者ではなくアメリカの広報に成り下がっているところです。情けないったらありません。調べましたらBSE検査の精度が増して30ヶ月齢以下でもプリオン検出出来るようになっています。この件も交渉の材料にせず鵜呑みにする政府であるなら不買運動などで対抗せざるを得ませんね。
  • #79D/WHSg
  • みーけ
  • URL
  • Edit

2005.10.26 Wed 00:40  |  

[ことら]さんコメントありがとうございます。
若い牛はプリオンが蓄積少量で検出されにくいのですね。検査精度向上にて検査に不合格の若い牛も見つかっていますし、このままズルズルと輸入されてしまうと「どうせ国外出荷だ」という甘い考えで危険部位の残留汚染もありえます。わずかであれ食の危険があるならば政府には正当な理論とデータで消費者に示すとともに国外の検査監督指導も確実に行っていかねばならないはずです。そこが明確にされていないままの輸入再開はフグをそのまま食えと言っているのと同じだと思えてなりません。

  • #79D/WHSg
  • みーけ
  • URL
  • Edit

2005.10.26 Wed 01:05  |  

[遠雷庵玄米]さんコメントありがとうございます。
以前ここで輸入再開問題を扱ったところDoblogでは同じ問題のブログが他に皆無でして残念に思った事がありました。遠雷庵玄米さんのブログを昨日拝見し同じ仲間が増えた思いで感動しました。米国産の牛肉についてすべてがBSE感染している訳ではありませんが米国の都合だけ拝聴し国民に盲目的に口にさせるのは間違いだと思うのです。さらに米国のBSE検査の前提になる牛の年齢管理がかなりいい加減なこと。危険部位除去における管理もアバウトなことがニュースになっています。日本政府としてそこだけはクリアすべきだと思うのです。変異型のクロイツフェルトヤコブ病(vCJD)は潜伏期間が12年から15年と言われます。石綿問題と同じように発覚して税金投入でごめんなさいではすまされないと私も思います。
  • #79D/WHSg
  • みーけ
  • URL
  • Edit

2005.10.26 Wed 16:59  |  

まぁ、輸入再開の方向は、食肉の卸業界やUSビーフを使っていた焼肉店は歓迎なのですが、あまりに曖昧な状態、危険性の疑惑をぬぐいきれないままのなし崩しな輸入には納得いきません。
ただ、現状の食肉業界は価格が高騰しており、はっきり言って現状でスーパーで並んでいる国産牛の殆どが、ホルスタイン種や経産(もう子牛も産めなくなったくらいのお年寄り)で、交雑種(黒毛和種となにかのハーフ)や、黒毛和種は高価すぎて並ばないという状態です。
輸入は歓迎です。でも検査基準の主導権は、輸入してあげるお客である日本が持つべきですよねぇ・・・・・

結局スクリーニング検査(BSEなどの精密検査)もしないってわけでしょ。
  • #79D/WHSg
  • れび(みつき)
  • URL
  • Edit

2005.10.31 Mon 05:28  |  

[れび(みつき)]さんコメントありがとうございます。
Doblogが安定せずコメントが遅れましてすみませんでした。
さて本日の審議で年内再開かが決まります。
日本指導の出先検査もやってこその再開であるべきで、
鵜呑みの再開では「安全と安心」ほど遠いですね。
農水省は能無し省、外務省は害有省言われ続けちゃいますね。
  • #79D/WHSg
  • みーけ
  • URL
  • Edit


(非公開)




(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tamac.blog3.fc2.com/tb.php/145-37d114ce

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04 | 2017年05月 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Apple Amazing LINKS

URLのABC順です

Apple Marvelous LINKS

URLのABC順です

以下ブログ休止中

Fantastic Cats LINKS

素材スペシャルリンク

とんとん工房の復活を願うひとりです。

猫屋敷連合(猫軍団)

AppleBlog百人百録2013

Apple系リンクブックです。 画像クリックでダウンロードページに飛びます。

私の渾身の作品をどうぞご覧ください。

ブロとも申請フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

FC2カウンター

feedburner

ブログ内検索

Ukphoto

伊勢志摩を本拠地に全国を奔走するドローンカメラマン中西学さんのページ。来る2月13日よりソニーストア名古屋にて写真展を開催します!

Jazz Vocalist 佳川夏己

3オクターブの音域を駆使し浸透性ある歌声で清楚も妖艶も演じこなすジャズボーカリストです。ジャズ好きなら彼女のステージを一度ご覧ください。1st CD 『PEONY』絶賛発売中。

iMug -伊勢志摩UserGroup-

ブログ「林囓mac」のMetalさん主催で開催される伊勢志摩地方のApple User Groupです。定例会を月一でされていますのでお近くならぜひご参加くださいね。

伊勢ゲストハウス風見荘

伊勢市駅から僅か徒歩2分。築80年の歴史ある旅館をボランティアで半年かけて大改造。全世界からお客様が泊まりに来るアットホームな伊勢のゲストハウスです。

おすすめのパソコン教室

アイテスプラスは名古屋市南区のパソコンスクールです。なんとスマホ、iPhone、iPadクラスもあるんです!優しい先生が手取り足取りお教えくださいますよ。

伊勢・河崎 モナリザ Cafe

モナリザは伊勢河崎に築150年の砂糖蔵を改装した喫茶店です。 伊勢路の新銘菓として名高い「サトナカクッキー」もおみやげにどうぞ。

おすすめのレストラン

伊勢志摩は鳥羽に花咲く桃源郷 イタリアンレストラン Cuccagna(クッカーニャ) あなたの素敵な時間のためにあるお店です

おすすめの博物館

Appleファンの琴線に響く博物館。その名も「Steve Jobs museum」 トブiPhoneのトブさんが全身全霊を傾けて建設中です!

twitter & tumblr

Follow Me


Like Box

つぶやき

BlogPeople





チーズスイートホーム

ランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 猫ブログへ blogram投票ボタン

スポンサー

収益金は全て恵まれない猫のために使います。


みーけのおすすめ

プロフィール

みーけ

  • Author:みーけ
  • 無類の猫好きの私みーけがアップル系のお話を軸に自由に書き散らすブログです。
    貴重な情報は他で得て息抜きにお越しください。

    可愛い猫のトップ画像は「とんとん工房」のTOM様よりお借りしています。

    「猫とMacの日々」は2004年6月15日に開始しました。
    2005年11月30日までの記事はDoblogから移管しました。
    Broachで掲載した2005年12月1より2009年4月25日までの記事は湘南画材研究所の朝之丞さんのご好意により移管できました。
    ここに深く感謝いたします。

カンタン!ブログお引越しサービス

ブログのお引越しは『カンタン!ブログお引越しサービス』をおすすめします。

画像はPicasaにまとめてアップロードした後に画像リンク変更したMovable Type形式データを作成してくださいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。